ワシントンDC-NY 一人旅(2) スミソニアン航空宇宙博物館の別館、スティーブン・F・ウドバー・ハジー・センター

ワシントンDCに着いて真っ先に向かったのは、航空機ファンなら必ず訪れてみたいスミソニアン航空宇宙博物館別館のスティーブン・F・ウドバー・ハジー・センター(Steven F. Udvar-Hazy Center)です。

スティーブン・F・ウドバー・ハジー・センターとは?

スティーブン・F・ウドバー・ハジー・センターは、スミソニアン航空宇宙博物館の別館としてダレス国際空港の南に2003年12月17日にオープンしました。

モール本館に展示しきれなかったコンコルドなどの現代機をはじめ、エノラ・ゲイなど歴史に登場した航空機などが多数展示されています。

航空機を収納しているのはアヴィエーションハンガーと呼ばれ、長さ300m、高さ31mもあり敷地面積は70604平方メートルあります。このアヴィエーションハンガーは映画「トランスフォーマー2」にも登場しました。

その中の3分の1を占めるスペースハンガーには本物のスペースシャトルも展示されています。

またF-14トムキャットやブラックバードなど、軍用機ファンなら一度は見ておきたい戦闘機も多数展示されており人気ナンバー1の博物館です。

アクセス

DC郊外にあるためモールから徒歩でのアクセスは不可能で、移動はバスまたはタクシーのどちらかになります。

■バス
モールの航空宇宙博物館の本館前から専用シャトルバスが1日6便往復しています。
料金は往復$7で、チケットは本館サウスロビーの専用カウンターで購入できます。

■タクシー
ダレス空港からだと所要時間は約20分で料金はおよそ$14~$15です。

入館料

もちろん無料です。

開館時間

10:00~18:30

館内施設

館内にはマクドナルドがありちょっと小腹が空いた時に便利です。
営業時間は10:00~17:00です。
ミュージアムショップもあるので飛行機グッズのお土産を買うのもおすすめ。

本物の迫力に興奮!

私はダレス国際空港からタクシーで向かいました。
所要時間は30分ほどで、途中郊外の景色ものーんびりと楽しめました。

到着して中に入った感想は「すごい!」の一言です。

巨大なハンガーに航空機がこれでもかと展示されており、入ってすぐ目の前にはブラックバード、そしてその奥にはスペースシャトルが見えます。

館内は大きく航空機エリア、宇宙関連エリア、航空機修復エリアに分かれていてどこから見ようか悩むほど大きいです。

ほんとにたくさんの飛行機が展示されていて全部見て回るのに時間がかかったんですが、中でも印象に残った4つをご紹介します。

ロッキード SR-71A ブラックバード

最高速度マッハ3を記録した偵察機です。
子供のころ雑誌で見たこの異彩を放つ独特の機体がこの目で見れるとは思いませんでした。

ロッキード SR-71A ブラックバード
独特の姿のロッキード SR-71A ブラックバード

グラマン F-14トムキャット

戦闘機の中で一番好きな機体です。
何といっても、どの角度から見てもほれぼれするほど美しいデザイン!
できればサイドワインダーやフェニックスミサイルも付けて欲しかったです。
ずっと見ていたいです。

右側正面から見たF-14トムキャット
F-14トムキャットはこのアングルが一番美しい

上から見たF-14トムキャット
上から見ることもできる

F-14トムキャットのエンジンノズル
エンジンノズル

正面から見たF-14トムキャット
前方から見たF-14トムキャット

スペースシャトル ディスカバリー号

一番奥に鎮座する本物のスペースシャトル。
やはり迫力が他のとは違います。

この機体は一度も宇宙空間に上がったことはなく、開発段階の飛行テストで使用された機体です。

後部独特の3基のエンジンや大気圏突入時に1200度にもなる高温に耐える特殊タイルも間近で見ることができます。

正面から見たスペースシャトル博物館の目玉 本物のスペースシャトル

スペースシャトルの特殊タイル耐熱タイルの並びもよく観察できる

B-29 エノラ・ゲイ号

広島に原爆を落としたエノラ・ゲイ号です。
想像以上に大きかったです。
日本人として実際にエノラ・ゲイを目の前にすると複雑な気持ちになります。

エノラ・ゲイこれが広島上空に来たエノラ・ゲイ号

その他の見どころ

コンコルド、ファントムⅡ、ミグ21など有名な機体のほか、紫電改、特攻機桜花、晴嵐など大戦時の日本の戦闘機も展示されています。

宇宙関連エリアではアポロ関係のカプセルやモジュール、宇宙服などの展示されており、こちらもぜひ見ておきたいポイントです。

まとめ

本物のスペースシャトルまで展示しているなんてさすがアメリカ。
ほんとにたくさんの展示でじっくり見て周ると半日は楽しめます。

スティーブン・F・ウドバー・ハジー・センターは、自分の中ではワシントン観光で行ってみてよかった観光スポットナンバー1です。

郊外にあるのでアクセスが不便ですが航空機ファンならずとも行く価値アリです。とくにお子さん連れの家族旅行なら子供は大喜び間違いなし!

本物の迫力をぜひその目で体験して欲しいです。