Microsoft Office2010 Home&Studentのインストール&認証方法

何年か前AmazonでMicrosoft Office 2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』を購入しました。
これは中国で販売している正規のOffice製品でWord、Excel、Powerpoint、OneNoteが1セットになっており、1つのプロダクトキーで3台のPCにインストールできます。

先日このOfficeをインストールしているパソコンのHDDを入れ替えてPCを起動したら、再認証を求める画面が表示されました。
どうやらPCのハード構成が変わったのが原因のようです。

面倒くさい電話認証のついでに自分メモを兼ねて注意点などをまとめてみました。

Microsoft Office2010 Home&StudentMicrosoft Office2010 Home&Student 3台パック『並行輸入品』のパッケージ

インストール方法のおさらい

忘れないようにインストール方法のおさらいをしておきます。

インストール方法についてAmazonのカスタマーレビューには「評価版とバックアップを混在させる方法」が載っていますが、個人的にはPC内に同じソフトが同居するなんてそんな気持ちの悪いことはしたくありません。

そこでいろいろ試した結果、評価版と言語パックだけでインストールすることができました。

やり方はいたって簡単。

  1. Microsoft Office Home and Student 2010 評価版(英語)を平行輸入版のProduct Keyを使用してインストール
  2. 無料言語パックX16-37718(32bit)をインストール
  3. Excelを起動すると認証画面が出るので電話認証
  4. Excelを再起動

以上です。

評価版のダウンロード場所

Office 2010評価版のダウンロードはできなくなっていますが、法人向けエディションなら現在もダウンロード可能です。

以下のリンク先でMicrosoftアカウントでログインすると、Office Pro Plus 2010(32&64bit)がダウンロード可能です。
いつ消えるか分からないのでお早めに。

無料言語パックのダウンロード場所

無料言語パックX16-37718ですが、「Office 2010 無料言語パック」と検索するといくつか無料言語パックを配布しているサイトがヒットするんですが、どのサイトも現在はダウンロードができなくなっています。

昔はダウンロードできたのに。

昔は・・・

昔は・・

ハッ!

だったら昔に戻ればいいじゃない。
ということで昔に戻ってみたらあっさりとダウンロードできました。

ヒント:archive.org

電話認証の方法

この電話認証にはちょっとした注意が必要です。
インストールID入力後に聞かれる質問の答えを間違えるとオペレーターに繋がってしまい「国内で販売されていない製品なので認証できません」と言われてしまいます。

そこで正しい方法をご紹介。

  1. 評価版(英語)と言語パックをインストールした後、Excelを開くとライセンス認証画面が出るので電話認証を選択する。
  2. 画面に表示されるフリーダイヤルに電話する。
  3. インストールIDの入力を求められるので画面に表示されているインストールID(6ケタ×9)を入力する。
  4. ID入力後に聞いてくる質問に対し「1」「1」と続けて押す。ここでミスるとオペレーターに繋がりゲームオーバー。翌日再挑戦しましょう。
  5. 無事通過すると確認ID(6ケタ×8)を言ってくるので、それを入力していく。
  6. 「ライセンス認証を確認しました」と表示され無事クリア。
  7. Excelを再起動してヘルプを押してライセンスを確認。
    以下のようになっていればOK。

Office ライセンス認証完了

まとめ

インストールしてから1年以上使用していますが、問題が起きたことは一度もありません。

またインストールできない、日本語化できないといったコメントを見ますが、当方では問題なく使用できています。おそらくやり方が何か間違っているのでしょう。

今はもうゲットできないようですね。
あの時買っておいてよかったとしみじみ思います。

それにしてもなんで日本のOfficeってこんなに値段が高いんでしょうね?
中国版とはパッケージ内容にいくつか違いはあれど、ここまで価格に差があるのはなんだかなぁという感じです。