ニューヨーク一人旅 その12 セントラル・パークを散策後、ダコタ・ハウスに寄り道してみた

前回の続きです。

吉野家を出て再び地下鉄に乗り、セントラル・パークへ向かいました。
タイムズスクエアから地下鉄N,R,W線でセントラルパーク南東の5 AVE, 59 ST.駅まで行き、地下鉄の駅を出ると目の前に公園が広がっていました。

セントラル・パーク散策

マンハッタン島のほぼ中心にある、東西800m南北4kmのセントラル・パーク(Central Park)は想像以上の大きさでした。公園内は市民の憩いの場となっており散歩する人、読書をする人、ジョギングをする人達がそれぞれの時間を過ごしていて、とてものどかな雰囲気でした。

セントラル・パーク内の様子
セントラル・パークの様子

セントラル・パークから見たビル
パークから見るマンハッタンのビル群

セントラル・パークの屋台
公園の周りには屋台もたくさんありました

次に向かうアメリカ自然史博物館はここから反対側にあったので徒歩で横切ることにしたんですが、なにせ800mもあるので長い長い。

散歩しながらセントラル・パークを東から西へ横切り、その後南下してパーク南西の角にあるコロンバス・サークル(Columbus Circle)へ出ました。

電車を間違えハーレム地区へ

次はここコロンバス・サークル駅からいったんタイムズスクエア駅に戻り、アップタウン行きの地下鉄E線に乗り換えてジョン・レノンが亡くなったというダコタ・ハウスへ向かいました。

ダコタ・ハウスはセントラル・パークの西側、アメリカ自然史博物館の南に位置します。
ジョン・レノンには興味はないんだけど美術館と同方向なので最寄駅の72 ST.駅で降りて行ってみることにしました。

しかしこの時、間違って違う電車に乗ってしまうというハプニングが。
目的の72 ST.駅が近づいてきたので降りようとしたら電車は止まらずそのまま通過・・・。

ここで初めて違う電車に乗ってしまった事に気づいたのでした。
しかも電車はエクスプレス(急行)だったのでなかなか止まってくれません。
「早く止まってーー!」という願いも空しく、電車はどんどん駅を通過して行きます。

しばらくしてやっと電車が止まったので、急いで降りて地図で現在地を確認するとそこはハーレム地区でした。時間をロスしてしまったので地上には出ず、すぐに反対側に入ってきた電車に飛び乗って今来た道を戻りました。

ダコタ・ハウスに寄り道

ダコタ・ハウス(The Dakota)はセントラル・パークの西側8番街72st.にあり、かつてジョン・レノンとオノ・ヨーコが共に暮らしていた場所として有名です。

ダコタ・ハウスはニューヨークで一番高級な集合住宅だそうです。
ここでジョン・レノンが凶弾に倒れたんですね。
とりあえず記念に写真だけ撮って移動しました。

ダコタ・ハウスの外観
ジョンレノンが撃たれたダコタ・ハウス

次はお楽しみの一つでもあるアメリカ自然史博物館に向かいます。

ニューヨーク一人旅 その13 アメリカ自然史博物館を見学 膨大な化石コレクションに大興奮!へ続きます。