ニューヨーク一人旅 その8 自由の女神とエリス島移民博物館を観光

前回の続きです。

バッテリー・パークから海を見ると遠くに自由の女神が見えます。
興奮してきました。

自由の女神に会いに行こう!

ニューヨークの象徴、自由の女神(Statue of Liberty)はマンハッタンの沖合、リバティ島に立つ巨大な女神像です。アメリカ合衆国の独立100年を記念して1886年フランスから贈呈されました。
高さは48.05m、重さは225tあり、その左手には独立宣言書、右手にはたいまつを持っています。
自由の女神は1984年に世界文化遺産に登録されました。

チケット料金

リバティ島にはSTATUE CRUISESフェリーで向かいます。
チケット売り場はバッテリー・パーク内のクリントン砦内にあります。

チケットは3種類
1.リバティ島へのアクセスのみ    $18
2.台座部分の展望台とミュージアム  $18
3.王冠の展望台を含む全てのアクセス $21

どのチケットもフェリー代を含み、隣のエリス島移民博物館にも入場できます。
ちなみに自由の女神の台座展望台までが約150段、そこから王冠の展望台までは約350段もの階段を上ることになります。せっかくニューヨークまで来たんだからチャレンジしてみては?

■現地オプショナルツアーを日本で予約できる便利なサイト
VELTRA(ベルトラ)なら人気の定番観光スポットやアクティビティのチケットが日本にいながら最安値で予約できます。現地のチケット売り場に並ばなくてもいいので時間も節約!英語が苦手という方にもオススメです。

→初めてのニューヨークならコレ!ニューヨークの人気定番観光&アクティビティ

フェリーの運行時間

リバティ島にわたるフェリーの運航時間は8:30~17:55です。
リバティ島発の最終便は16:45、エリス島発の最終便は17:00なので、夕方行く人は時間に余裕をもって行動しましょう。

STATUE CRUISESフェリーのサイトで運行スケジュールが確認できます。

見に行くなら朝早くがおすすめ

自由の女神は観光客の約9割が訪れるという定番中の定番スポットなので非常に込み合います。私は朝の9時前にフェリー乗り場に着いたのですが、すでに長い行列が出来ていました。
昼間はもっと込むそうなので、朝出来るだけ早めに行くことをオススメします。

乗船前には厳重な持ち物検査があり、荷物の中身はもちろん、上着の中身、さらにベルトをX線探知機に通されました。もちろん全身金属探知機で隅々までチェックされます。

フェリーでのベストポイントはここ!

チェックをパスするといよいよフェリーに乗り込みます。
ここで1つポイント。

フェリーは自由の女神を右手に見ながら進むので最上デッキの右舷後方がベストビューポイントです!乗り込んだら素早く移動して確保しましょう。

フェリーから見た自由の女神
フェリーから見た自由の女神

リバティ島に到着!

この日は天気は良かったのですが、いざ出発すると海上は風がきつくてとても寒かったです。
10分もすれば目の前に自由の女神が見えてきます。

今までテレビで何度も見た光景がまさに目の前に。
フェリーは自由の女神を右手見ながら、ゆっくりと島に近づいていきます。

リバティ島に到着後、フェリーを降りました。
フェリーから見た時も大きいなと思ったのですが、足元から見るとさらにでかい。
やっぱりアメリカは何でもビッグです。

自由の女神を見上げる
自由の女神を下から見上げる

島は小さく30分もあれば1周出来ます。
自由の女神以外は特に何もなく、ギフトショップや休憩所があるだけです。
ギフトショップではたくさんの自由の女神グッズを売っていました。

私は内部見学ツアーではないので島をぐるりと1周した後、次のフェリーに乗ってリバティ島の隣にあるエリス島移民博物館へ向かいました。

エリス島移民博物館

エリス島(Ellis Island)に建つ移民博物館では、アメリカを構成する移民の歴史を見ることが出来ます。
このレンガ造りの建物は、ヨーロッパからの移民の受け入れ窓口として1892年に建てられ、移民は全員ここを通ってアメリカ合衆国に入国しました。
1954年に役割を終えた後は、博物館として公開されています。

エリス移民博物館の外観
エリス島移民博物館の外観

エリス移民博物館の内部の様子
エリス島移民博物館の内部の様子

私は1階ロビーを少し見学した後、マンハッタン行きのフェリーが来るまで外の公園で休憩してマンハッタンの景色を眺めていました。
海側から見るマンハッタンもすてきでした。

フェリーから見たマンハッタン
フェリーから見たマンハッタンの風景

ブルックリン・ブリッジを遠くから

次にどこに行こうかと考えていた時、ブルックリン・ブリッジ(Brooklyn Bridge)を思い出しました。
ブルックリン・ブリッジは映画「GODZILLA」でゴジラが走ってワイヤーに絡まった舞台。

サウス・フェリー駅から海沿いイーストリバー方面へ歩いていくとブルックリン・ブリッジが見えます。でも徒歩で向かうのはちょっと遠すぎる距離です。
タクシーに乗って向かおうかと思ったのですが、一目見たので満足しました。

遠くに見えるブルックリンブリッジ
奥に見えるのがブルックリンブリッジ

ニューヨーク一人旅 その9 トリニティ教会、グラウンド・ゼロなどウォール街周辺を観光へ続く