AMDの新CPU Ryzen 7発売!Ryzen 5&3も今年度中に発売予定

3月3日、AMDの新しいCPU「Ryzen(ライゼン)」が発売されました。
AMD自作派には嬉しいニュースです。

RyzenはZENコア・アーキテクチャを採用し8コア/16スレッドで動作するCPUで、AMD公式サイトによれば前世代のAMDコアに比べ、IPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上向上し、処理状況に応じて自動で最適な動作クロックや電力調整を行うAMD SenseMIなどの最新機能も盛り込まれているとのこと。
参考 AMD公式「Zen」コア・アーキテクチャー

今回発売されたRyzen 7シリーズはハイエンドCPUの位置づけになり、価格も約4万円~6万円とFX8000、9000シリーズに比べるとずいぶん高価になりました。

RYZEN 7シリーズ
モデル Ryzen 7 1800X Ryzen 7 1700X Ryzen 7 1700
コア数 8 8 8
スレッド数 16 16 16
ベースクロック 3.6GHz 3.4GHz 3GHz
Boostクロック 4.0GHz 3.8GHz 3.7GHz
TDP 95W 95W 65W
価格 5万9800円 4万6800円 3万8800円

さてこのRyzen、発売前は「どうせAMDだから」とさんざん言われていたのが、実際にふたを開けてみると公表値通りのスバラシイ性能だそうで、みなさん驚いているそうです。

ネットにはさっそくRyzen 7のベンチマークや感想が上がっていて、それによるとRyzen 7 1800Xはオーバークロック耐性が低く、モノによっては4.1GHzでフリーズしてしまうこともあるみたいです。逆に1700は一番安い割にオーバークロックも軽く4GHzまで上げることができて一番遊べるCPUなんだとか。

興味はあるけど、普段パソコンでネット閲覧、文書作成、TV視聴くらいしか使っていない私にとっては高価&高性能すぎるCPUです。

そこで期待するのがRyzen 5 & Ryzen 3です。

Ryzen 5は2017年第2四半期,Ryzen 3は2017年下半期にそれぞれ発売予定とのことで、Ryzen 3の価格はまだ明らかになっていませんがRyzen 5の価格は300ドル(税別)未満になるとのこと。

現在公開されているRyzen 5のスペック。

RYZEN 5シリーズ
モデル RYZEN 5 1600X RYZEN 5 1500X
コア数 6 4
スレッド数 12 8
ベースクロック 3.6GHz 3.5GHz
Boostクロック 4.0GHz 3.7GHz

Ryzen 5でも私にとっては高性能なので、Ryzen 3が待ち遠しい。
今の自作PCはもう8年くらいになるのでそろそろ新調したいなぁと思っていたところに、このRyzenの高評価。今から首を長くして待ってます。

Amazon AMD Ryzen対応 X370&B350 AM4マザーボード一覧